美と健康の真実を考える

木の葉を食べるゴリラ。なぜ、高脂肪食なの?

2020.11.03

筋肉隆々のマッチョなゴリラ。実は典型的な草食動物です。たまには昆虫なども食べますが、主食は木の葉です。

しかし驚いたことに、一日に7kg以上もの脂肪の無い葉を食べながら、消化吸収するカロリーの60〜70%は脂肪由来なのです。

何故なのでしょうか?腸内細菌が植物の細胞壁を破壊して発酵させ、燃料として使える脂肪主体にして、それを吸収しているからなのです。ですから結果的にゴリラが食べているのは高脂肪食ということなのです。ブルーゾーン(長寿痩身民族)の人たちと同じなんですね!

世界の一部の人たちに富をもたらす「グローバリゼーション」は、健康食でもあった各国の伝統的食事を嘆かわしい西洋式の食事にどんどん変容させています。ブルーゾーンの人たちの食事は多様ですが、共通点が二つあります。

いずれの地域でも「腸内微生物叢を養う食品」を摂っていること。そしてもう一つは、「動物性タンパク質の摂取が最小限」であることです。

やってみよう!
マイナス腸活はこちら